2年間引きこもりして4年間不登校してたときの話

こんにちは、無能です。

このQiitaの記事を見たので書いておきます。

ひきこもり37歳業務未経験女性がバックエンドエンジニアとして地方で採用されるまで #未経験エンジニア – Qiita – https://qiita.com/yuri_t/items/2b7b29b58ef981198fd8

割と見る人いるかな?と思ってどんな状況でもだいたいなんとかなるよ!という事があるのでインターネットの藻屑の中に放流しておきます。

それぞれ概要

・親の離婚
・小学校の時パソコン触り始める
・中学校で引きこもり
・高校でちょっと頑張ったけど不登校
・おじいちゃんの自殺

ちょっとダーク感めっちゃ漂ってますがコンテンツ化するならこれくらいのインパクト無いと駄目かなあと思って書いときます。

ちなみに多分内容的にパソコンの事多いはずなのであしからず!

親の離婚

ちなみに日本の離婚率は35%らしいので特に驚く事でも無いと思います。

小学校2年生の頃にほぼ夜逃げみたいな感じで出ていった記憶がありますが、普通に父親居る前で母親に連れられて堂々と車乗って出ていった記憶が残っています。その頃にポケモンの布団だけ持って出ていったなあ…(´・ω・`)

7歳くらいなのでそりゃ持ってくもんも無いのでね…

小学校の時にパソコン触り始める

兄がパソコン触っていたのでそのままお下がりで最終的に自分のものになっていました。

emachinesのこれです。画像はebayから引っ張ってきました。

兄がこれでアニメとか自由に見ていいよーとかって渡された物で、小学四年生の当時はようつべから落とした音楽ファイルとかをDSi、3DSとかで再生して聞いたりしてました。その後はPSPですね。あんまり書いてはいけないですけど黄金時代でしたね…?\(^o^)/

何気にその時の小学生〜中学生頃のブラウザのブックマークはFireFox→Chromeから移行した時のがのこっていたりして最近思い出に浸ってます。

と言う訳で小学生5、6年生くらいから3DSからブラウザアクセス出来るようになりおい森とかのゲーム掲示板に入り浸る生活と、PCでは手が震えながら2ちゃんで忍法帖のレベル上げと書き込みしたり、掲示板荒された時に掲示板荒らしてきたやつの掲示板の住人がいる先をDDoSで荒し返すクソみたいなことしてました。

友達に入れてほしい音楽があったら俺が預かって入れてあげるみたいなことしてました。

今では黒歴史なので、ここで供養することにしましょう…

中学生で引きこもり

さて、離婚で元の学校の友達とも離れ離れになっちゃいましたが母親に連れられて元の学校の友達とも遊んでいました。

その時にその友達がカウンターストライクにどハマリしており、俺もその沼にハマる事になります。あんな運動能力抜群でアクティブな彼が…と今では思いますが当時は別になんもおかしいことだと思ってなかったですからね。

とは言えど、家のPCは貧弱なemachines のAthlon機です。(と思ったらPhenom機でした。)そういう訳で中1に入ってからバイトもできずクソガキな学生で金が無い私のジャンカー街道が始まるのでした…

ハードオフに行ってジャンクPC漁り、満足出来ず片道10km以上ある仙台市に向かいPC漁りするのを陸上部長距離の部活練習終わってから週3くらいでやってたくらいにハングリー精神に溢れてました。

少年、自律神経失調症と共に学校諦める(まぬけ)

正直、成長期だからそもそも自律神経が狂いやすいので自律神経失調症と断定して言えることでもありません。

そして限界のようなスペックでマインクラフトとAVAを中学生から始めてしまい完全に生活リズムがぶっ壊れました。この時は学校で特に何もなかったんですけど昼夜逆転で引きこもり化しておおよそ中学2年から3年の間完全な引きこもりです。厳密に言えばコンビニとか時々自転車で出かけてましたけどね。
シンプルに自分の現実逃避的なところがあります。

小学6年のときに友達に教えて貰った”チェッカーズのギザギザハートの子守唄”を聞きながら泣いていた記憶があるので、多分何かしらに絶望してたんでしょうね(´・ω・`)

この頃から本当は駄目ですが、メルカリとヤフオクで安く買った壊れた電子機器、パソコン修理して売りはじめました。

当時、今もですがジャパンネット銀行(現PayPay銀行)が15歳から口座開設可能だったので親の同意を得て開設し出金はジャパンネット銀行です。

仮想通貨の情報を見始めたのもこの時で、修理で稼いだお金で人生初の新品のグラボRX480を2ちゃんねるで特化祭りになっていたので買いました。

中学生3生〜Minergate又はPhenix Minerでマイニング開始してクソみたいな量しか掘れず、最低出金も結構必要だしなんだこのクソゲー…。と思ってそのGPUパワーをMerikenさんのTrip generatorとAVAに費やします。

メリケンさん、死んでるなんて嘘だよな…?

不登校ながら自分が機械に強いということはなぜか学校で話されてたみたいで、なんかめっちゃ頭いいやつにTorとGNU/Linux使えるマシンが1万円以下でほしいと言われてThinkPadにUbuntuとTor入れて5000円で売りました。
目的はロリ画像らしいです。彼のその後は知りませんが。

高校でちょっと頑張ったけど不登校

中学生で不登校になると不登校になると学校から連絡も来るし色々やばいし面倒くさい。ということを学び(勉学どこいった?)気合で学校に行き始めます。

けれども学校で馴染めず1年行って不登校になり、完全に逃避先である音楽と写真とパソコンに没頭する日々が続きます。

一応ほぼ引きこもりみたいな生活をしていたのですが、バイトを始めたのでそのおかげで最低限外にはでるようになりました。

同じくしてコインチェック事件があり、この直後にこの崩壊しているビットコインは完全に買いだと確信しましたが未成年の入金には親の同意書が必要でした。

あらゆる方法でWebMoney等やVプリカでの入金方法を模索しますがこの時はまともに調べて出てくることなんて無くあったとしてもとてつもない手数料で買う気なんて起きませんでした。
という事で勇気を振り絞り親に”コインチェックで仮想通貨っていうの買いたいんだけど、親の同意書いるから書いて欲しい”と言いましたが答えはNoです。

はっきり当時でも反抗期相まってイラつきましたが、無理なもんは無理なので諦めました。まあ、今思えば親からしたらそりゃ学校も行ってない子供が突然そんな事言い始めたら止めるでしょう。
別に今ビットコインが上がっているから、という理由ではなくもしGOXするなりお金を結局全て失った結末があったにしろブロックチェーンをもっと触れたという最高な機会だったことは悔やまれます。
当時は明らかに技術的には最先端を走っていた黎明期だと思いますから、無理矢理にでも情報へのハングリーさはあった筈です。
この悔しい記憶を消すために徐々に仮想通貨の情報を遮断していきます。

多分自分に子供ができたら何も制限したくは無いと感じましたが、実際子供できたら変わるんでしょうね。結婚できる気は1mmもしませんが。

という訳で写真と映像を始めて見ました。
PhotoShopとLightroom、Premiere、AfterEffectを始めてみました。
中学生の時に友達と心霊スポットに行って映像にまとめAviUtlで編集して身内だけで楽しむなんてことをしていた延長線上です。

音楽が好きだったのでライブハウスに通い中学の同級生のライブ映像、写真を撮影し始めました。
追加で東京によく遊びに行くようになりました。

ちなみに、この時あたりから”ゲームをやってても幸せになれない”ことを思いやめました。自分でそう認識したようにいっちょまえに書いてますがシンプルに音楽とVICEのドキュメンタリーにハマっただけです。

おじいちゃんの自殺

めちゃくちゃ重いセクションですが、身内がこうなるとめっちゃ自己肯定感落ちるんだなあ。と感じました。ちなみに墓参りも僕だけ行きたくないので今年も行ってません。
当時家族の中で母親と一緒に自分が真っ先に病院につき、家族の中でこの事実は俺と母親だけの話になっています。それが重しになってこの時を思い出すのと面倒くさいので墓参りに行ってません。

さて、そんな中で前述の東京に遊びに行ってた事にちょっと繋がります。
きっかけは”VICE JAPANのマンチーフーズ”で、映像でまとめられているお店は4軒くらい行きました。そして、好きなアーティストだった”たま”の知久寿焼さんが、とあるお店でライブをやることになってタイミングが合い行きました。

それがある種の人生の転換点で、そのお店オーナーさんがとてもいい人で好きな音楽の理解者すら周りにおらず、絶望していた生活が外に出るとここまで面白いものがあるんだな、と知れたきっかけでした。その時から、仙台でも色々なお店に行ってみようと思い始めます。
当時はボブディランに傾倒していた中で、そのお店にボブディランのポスターだとか、書物がある訳なのでなんだこのパラダイスは!と。

当時東京に遊びに行くようになったきっかけはもう一つあり、サリンジャーの”ライ麦畑で捕まえて”をボブディランの影響で読んで放浪することに憧れたからです。

でその思い出のお店のオーナーさんにガキながらに当時色々ブチ切れられましたが、なんやかんやで高校卒業と同時に写真の個展をそこで行いました。最高の思い出です。
ちなみに高校はもちろん成績も0点とったり、出席も足りなかったので本来は卒業なんてできないんですが校長からのやさしさで”額付きの写真を提出したら卒業”という事で卒業しました。
校長の優しさというよりも、担任の先生の優しさですね。本当に感謝していますが、約束はまだ果たせてません。

まとめ:だいたい今の好きなことは現実逃避

今の所、一度”パソコンなんて触っているばかりじゃ憂鬱になるだけ”とパソコンの仕事したくないと思った自分ですが結局向き合い方なんだなと思いました。そんな訳で今だらだらとぱそこんのおしごと。をしてます。無能ですが。
未だに熱中して朝までやっちゃったりしますが昔だったら昼夜逆転確定するので後悔して絶望して負のループに入ります。でもおおよそ”睡眠剤はクソ”という事が知れたのと、”そもそも人間寝なきゃいけないなんてクソ喰らえ”みたいに思って朝までかかるくらい熱中できることがあってよかったと思います。

最後に

絶賛ここに書いていない事で人生の谷真っ盛り中ですが、たぶんなんやかんやで乗り越えれるはず。
今の今まで生きてきた事は今まで生き延びた、自分が自分である証です。そんなに最悪な事ばかりじゃないからなんとかなるかな、のノリです。

孤独な谷を歩かなければならない
それを自分で歩かなければなりません
ここには誰もあなたのために歩くことはできないよ
あなたはそれを自分で歩かなければなりません

自分はそこそこの人数でのコミュニティで仲良く出来るタイプじゃないんだなってつくづく思います。クズ加減が相当にありますからね。
ポジティブながら時々自分の破滅的思考があんま良くないんだな、と思いますが人に迷惑掛けまくりながらも楽しんでライドしていくしかありません。

2 throughts on "2年間引きこもりして4年間不登校してたときの話"

コメントを残す

管理人が承認後コメントが公開されます。
の項目は必須項目となります。